廃水処理の設備が重要

酸洗いと必要な設備について

酸洗いは金属加工の工程のひとつで、溶接や熱処理などで金属に発生した錆やスケール、酸化被膜などを薬品を使って除去する作業です。このときに使われる主な薬品が硫酸や塩酸などの「酸」で、この酸を使って金属の表面の洗浄を行うので「酸洗い」といいます。あらかじめ錆やスケール、酸化被膜などを取り除いて表面を綺麗にすることで、この後のメッキ加工や研磨作業が効率良く行えるようになります。特にメッキ加工には密着不良を防ぐために必要です。このように、金属の表面を加工するときには必要不可欠な作業ですが、危険性のある薬品を使うのでそれに対応した専門の設備が必要になります。その中でも重要な設備として廃水処理の設備があります。

なぜ、廃水処理の設備が必要なのか?

酸洗いの工程の中では、何度も高圧洗浄機等による「水洗い」が行われます。処理後の酸や油分などを水で洗浄するのですが、このときに廃水が発生します。酸洗いでは硫酸や塩酸などの危険性のある薬品を使用しているし、溶けた金属も廃水に混じっているのでこれらの薬品は中和する必要があり、金属も分離して除去しなくてはなりません。自然環境の汚染や地域の住民への健康被害などを防ぐためにも、酸洗いで発生する廃水処理の設備はとても重要なものになります。しかし、金属の中には簡単に除去できない状態のものもあるなど高度な知識が必要になるので、安全に酸洗いを行うためにも廃水処理の設備については専門の業者に相談するようにしましょう。