排気にも注意しましょう

酸洗いとはどんな処理ですか?

金属加工では欠かすことができない酸洗い。酸洗いとは酸を使って金属を洗浄していく作業のことです。金属加工では熱処理や溶接やロウ付けなどの工程がありますが、これらの処理を行うと焼けやサビなどを生じることがあります。これらを硫酸や塩酸などで除去する作業が、酸洗いなのです。また金属加工処理前の下処理や、ステンレス材の表面に被膜を再形成する目的で酸洗い処理をすることがあります。ところで金属洗浄には、他にも電解研磨やバフ研磨などの処置も存在します。酸洗いはこれらの処置に比べて、コストを抑えられるメリットがあります。また溶接焼けなどを薄皮を剥ぐように落とす性質があるので、金属製品の性質そのものに影響を与えることがないのです。

酸洗いで注意することとは?

金属の表面を綺麗に洗うことができる酸処理。ただし酸処理では薬品を使って作業を行うため、注意しなければならないことがあります。その1つが排気です。何故なら、酸処理をする過程で有毒な亜硝酸ガスなどが発生するケースがあるからです。そのため、排気設備をしっかり整備してから作業を行うことが大切です。そして、排水にも十分考慮します。当然ですが酸処理で出た汚染水を、何も処理をせず下水に流すようなことがあってはなりません。そのため、汚染水の処理については、しっかり確認してから破棄することが求められます。さらに酸が目に入るなど、作業者の健康面も考慮して作業を行う必要があります。このように、何も知識がない素人が勝手に酸洗いするととても危険なので、設備が整った専門業者に依頼することをおすすめします。

金属表面処理とは、金属の表面を加工して、もともとあった性能を向上させたり、新しい性質や機能を与えることをいいます。表面清浄化や研摩、エッチングなどがこれに該当します。